胃カメラで胃粘膜下腫瘍も発見

胃カメラでオエッ、結果は胃粘膜下腫瘍も!

スポンサードリンク

胃粘膜下腫瘍も発見しました

腹部エコーのあとすぐに別の部屋で内視鏡検査を受けました。

 

今回で2回目でしたが不安がいっぱい。

 

オエッとなるのを経験しました。

 

でも入る前は苦しかったですが1度目を経験しているせいか無事に終えました。

 

 

前回と違ってどのタイミングで飲み込むのかわからなかった。

 

そのため、ちょっとオエッとなってしまいましたがすぐに飲み込めました。

 

 

やはり、大事なのはリラックすですね。

 

胃を綺麗にする薬、のどの麻酔、そして診察台で胃の動きを抑える注射をしますが、

 

リラックスが一番!

 

胃カメラでオエッとなるのを和らげるには

 

@歯のちからを抜く(マウスピースを加える力を強くしない)

 

A枕に頭をぎゅーっと押し沈める事

 

それから、むせないように

 

頭の軸を少し下にずらすということだけを実践しました。

 

 

 

さて、結果は・・・

 

胃ポリープは相変わらずですが、胃粘膜化腫瘍も指摘されました。

 

これは胃カメラをするとよく見つかるもので、まれにおおきくなるものもあるので2〜3年に

 

1回は検査した方が良いと言われた。

 

また、来年バリウム検査で引っ掛かるので胃カメラは受けます!

 

 

関連ページ

健康診断の前日
2回目の健康診断ですが緊張はしています。また昨年同様にバリウム検査で引っ掛かる可能性もあります。どうなるのかな。
バリウム検査2回目
バリウムは何度やっても辛いのか?バリウム検査は2回目でしたが結構辛かったです。どうすれば楽に受けられるのか?
内視鏡検査へ
再度、内視鏡検査を依頼しました。胃カメラというより内視鏡カメラと言った方が良いのかな。先生はやるならやっていいよというノリでした(笑)
γ-GPTが高いのは脂肪肝が原因
今日は腹部エコーと胃カメラを受けに病院へ行ってきました。前回、前々回とγ-GPT(ガンマGPT)が高くなっているのでとても不安でした。

ホーム RSS購読 サイトマップ